トップページ  クラブ概要  トピックス  リンク集  お問合せ  会員専用

記事一覧

伊東ロータリークラブ細則

ファイル 221-1.zip

伊東RC細則

2017~2018年度 会長挨拶 山田幹久

ファイル 220-3.jpg

 本日、伊東RC62年度の第1例会に当たりご挨拶申し上げる前に残念なお話がございます。根本照久君から6月30日付で退会届が出され受理されました。根本君は1996年に入会され22年間在籍はメンバーの中でも生き字引的な存在でした。街で会いましたら声を掛けてあげてください。

 さて、杉本正人会長、萩原直義副会長、石井卓幹事を始めとする理事、役員の皆様1年間お疲れさまでした。

 今年度、国際ロータリーイアン・ライズレー会長のテーマは
「ロータリー:変化をもたらす」です。
「ロータリーとは何か、何をするのかを理解してもらうことが重要です。」また、「各クラブがロータリー奉仕を独自に定義して、これまでより柔軟に、クラブ例会、活動方法を決定でき、多くの会員を迎え入れて地域社会の特色をクラブに写し出すことが大事です。」と付け加えています。
 この事は本年度の松村友吉ガバナーの地区重点目標に挙げられている「広報・IT委員会」を「公共イメージ向上委員会」に改めるよう指示されていることからも伺えます。
 同じく地区重点目標に会員増強の目標の達成が挙げられています。会員の減少はロータリーが一番取り組なくてはならない課題です。地区からは増員数の指示はありませんが、1名でも多くの新会員を迎い入ることができればと思っています。

 私は、61年間培われた「伊東ロータリークラブの伝統とは何か」を会員皆さんで考えてみたいと思います。
 ロータリアンであるべき姿は、
   1.真実かどうか。
   2.みんなに公平か。
   3.好意と友情を深めるか。
   4.みんなのためになるかどうかと、
    4つのテストに謳われています。
 会員各位が自分のあるべき姿を求めて、職業を通じて社会奉仕をおこなっていることが61年の伝統を築き上げてきたのではないでしょうか。「飲みにケーション」の機会を多くして、会員の親睦、交流を図ることにより、好意と友情を深めたいと思います。飲んで語り合える楽しいクラブ運営ができればと思います。
 会員の皆様の絶大なご協力をよろしくお願い申し上げます。

2017-2018 例会プログラム

ファイル 217-1.pdf

2017-2018 例会プログラム

2017-2018年度 

ファイル 216-1.pdf

2017-2018年度 理事役員委員会一覧

2016-17年度

ファイル 215-1.png

今年度の理事・委員会です。表をクリックすると大きくなります

ページ移動